【徹底討論】TOEIC900に価値はあるのか?

どーも、むくちくんです!

今回は、TOEIC900の価値について徹底討論したいと思います。

 

徹底討論と言っても、僕がつらつら書くだけですが。

TOEIC900の価値は高い?低い?

 

そもそもTOEIC900に価値はあるのでしょうか?

TOEICで900点持っている、それはもちろんすごい事だと思われるでしょう。
持ってない人と比べると。

ただ、その価値は果たして高いのでしょうか。

考えてみてください。
帰国子女ばかりいるコミュニティ。

みんな英語が話せる。
そんなところでTOEIC900あろうが、何の意味もありません。

TOEFLだとスピーキングのセクションがあるので、
多少の話す力が測られますが、

TOEICはどうでしょう。
リスニングとリーディングだけです。
その点数で900点あったからといって、
英語でコミュニケーションできるとは限りません。

僕がTOEIC900持っているのにネガティブなことばかり書いてしまいましたが、
いいこともあります。

 

就職です。

日本は資格を持っていれば優遇される資格主義社会です。
日本で就職する場合、TOEIC900は高い価値を発揮するでしょう。

就職活動のときだけでなく、就職後もです。

上から英語できるキャラとして見られ、いろんな仕事が降ってきます。

僕はこの恩恵を受けています。

TOEIC900の価値をコスパで考えてみる

 

さて、TOEIC900には価値はあるでしょう。

環境によってはとても高い価値です。

しかし、そもそもTOEICで900を取ることは容易ではありません。
(長期留学経験者や、帰国子女を除く)

めちゃくちゃ勉強が必要ですし、TOEICの勉強自体楽しくありません。
勉強するのはとてもしんどいです。

このしんどさと、TOEIC900の価値を比べる必要があります。

それだけしんどい思いをして、得るべきものなのか。
それだけの勉強時間を割いてまで、得るべきものなのか。

それに関しては個人の感覚だと思います。

TOEIC900の価値はいずれなくなる?

 

TOEICは現在英語力を測る指標として、企業をはじめとして、
いろいろなところで使われています。

大学入試の英語でも採用されるようです。

 

しかし、TOEICを持っている人ほとんどが口を揃えていうのが、

 

TOEICと英語力は関係ない。

 

TOEICで900持っていたとしても、英語がペラペラというわけではないです。
そんなTOEICという資格が今後も使われていくとはあまり思えません。
海外ではTOEICで高得点を持っていてもそこまで評価はされません。

TOEICに代わる資格といえばTOEFLがあります。

TOEFLならスピーキングのセクションがあるので、
話す力も求められます。

今後はTOEFLがメジャーになり得るんじゃないかと思っています。

もしくは資格ではなく、単純に英語のスピーチをするなど
実用的な英語の力を測る方法にシフトしていくのではと思います。

まとめ – TOEIC900の価値

 

今回はTOEIC900の価値について、徹底討論しました。(独りで)

・TOEIC900の価値は環境によっては高い

・しかしその価値と、TOEIC900を取るための勉強とのコスパを考える必要がある

・今後TOEICが英語力の指標としてあり続けるかは疑問であり、その点を踏まえてコスパを考える必要がある

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です