TOEIC900取りたいなら”メガ模試”を解け!

 

どーも、むくちくん(@whoismukuchikun)です!

今回は、僕がTOEIC900を取るために使ったメガ模試という問題集を紹介します。

というのも、TOEIC900を取るためには模試を解くことは必須なわけでして、
模試の問題集の中で最も良いのがメガ模試なのです。

TOEICの勉強で誰しもが解くのが模試。
TOEICの会社も公式問題集として、参考書を出しています。
900点を目指すのであれば、模試を解かなければいけないのは言うまでもありません。

そして900点を目指すのであれば、メガ模試を解けばいいのです。
理由は3つです。

理由①回数がメガ!! – TOEIC900取りたいならメガ模試を解け

 

なんとこのメガ模試、12回分の模試が付いているんです。

TOEIC900のためには、たくさんの模試を解く必要があります。
なのに、模試形式の問題集の多くは
3回分だったり、多くて5回分しか付いていません。

公式問題集なんて2回分しか付いてないわけです。

TOEIC900を目指すのであれば、5回じゃ足りないです。
ただ模試の回数をこなしたいだけなのに、
その需要に対して、満足できる問題集が全然無いのです。

それに対して、メガ模試はというと
なんと12回分もの模試が付いているんです。
メガ級に回数が付いているんです。
こういう問題集を待ってた!!という感じです。

理由②安い!! – TOEIC900取りたいならメガ模試を解くしかない

 

TOEIC900のためには、たくさんの模試を解く必要があると言いました。
それなら、3回分とか付いている問題集を何冊も買えば済む話ですが
そういうことではないですよね、問題集は高いので。

1冊数千円くらいします。3回分とかしか付いてないのに。
そんな数回のために数千円で問題集を買う。。
高いと感じませんか?

メガ模試は12回分付いて、なんと3000円ちょっとです。
ただひたすらに安い。

そう、ただただ安い。

理由③リスニングが鍛えられる!! – TOEIC900取りたいならメガ模試を解くしかない

 

メガ模試は12回分も付いていて、しかも安いとお伝えしました。
もう一つ僕がメガ模試をここまで推す理由があります。

それはリスニングです。

実はこのメガ模試、リスニングのスピードが1.2倍なのです。
正直最初は聞き取れなさすぎて腹が立ちました。笑

ですが10回やった頃に、なんか聞こえるようになってきます。
半分の6回ではまだ聞き取れなくて、何度やめたくなったことか。

つまり、言うまでもなく耳が速いスピードに慣れてくれるので、
TOEIC本番ではゆっくり聞こえるというわけです。

びっくりしますよ。

まとめ – TOEIC900取りたいならメガ模試を解くしかない

 

・12回分の模試が付いている

・3000円ちょっとという安さ

・1.2倍速リスニングで耳を鍛えられる

どうですか、このメリット軍団。
しかもおまけにもうひとつ。

僕がこのメガ模試を知ったのは後輩におしえてもらったからなのですが、
その後輩がメガ模試で勉強してTOEIC900を取っていたわけです。

その後輩も友達からメガ模試について教えてもらったらしいのですが、
なんとその友達もメガ模試で勉強してTOEIC900を取っていたんです。

つまりその友達と後輩と僕、3人ともメガ模試で勉強して
TOEIC900を取ったわけです。

3分の3つまり実績100%というわけです。
ぜひ本当にTOEIC900を目指すのであれば、
メガ模試を解くしかありません。
実績100%なんですから。笑

現在はvol.1とvol.2の2冊に分かれてしまっているようです。

が、ボリュームは同じなので2冊同時に買って、短期集中で解きまくればよいです。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です