就活のためにTOEICで900取る必要があるのか?

どーも、むくちくんです!

今回は、TOEIC900以上を持つ僕が、就活のためにTOEIC900を取る必要があるのかについて、ご紹介します。
TOEIC900が就活に必要があるかどうかは、一概に言えません。

TOEIC900は就活で有利なときもある

 

もちろんTOEIC900はスキルとして秀でたものであり、
この世の中、英語ができる学生を企業は欲しいと思います。

そういう意味でTOEICで高得点を取っておくべきです。

ですが、900点を取る必要があるかと言われるとまた話が変わってきます。

日本企業に就職するならTOEIC900は必要ではない

 

もしあなたが就活で日本企業を狙っているならTOEIC900は必要ではないと思います。

800あれば足りるでしょう。
なぜかというと、日本企業を狙って就活している人は
TOEICレベルがそこまで高くないからです。

逆に言うと分かりやすいですが、TOEICで高得点取れていない人が外資系企業を狙うことは少ないです。

また、日本企業の30代以上の社員で英語が出来る人は少ないです。

つまりTOEICの900の価値があまり分かっていないです。
TOEIC800と900の差が分からない人が多い日本企業を狙うために
就活という忙しい時期にTOEIC900を取りに行くとはコスパが悪いと感じます。

それなら英会話の勉強をしたほうがマシだと思います。

外資系企業に就職するならTOEIC900は必要

 

逆にもしあなたが就活で外資系企業を狙うのであればTOEIC900は必要です。

もちろんTOEIC900ないと就活で不利になるというわけでもないですが、
TOEIC900を持ってる人は外資系企業には大量にいます。

僕はいま外資系企業にいますが、TOEIC900が自慢にはなりません。

ただし、英語ができるキャラになれるのは間違いないです。
僕自身も、クライアントへの提案資料などめちゃくちゃ重要な資料の英訳など、誰でもできるわけではない仕事をもらったりしてます。

【まとめ】就活のためにTOEICで900取る必要があるのか?

 

さて、就活のためにTOEICで900取る必要があるのか?という疑問に対して
「就活する企業によって必要性は異なる」というのが答えです。

就活で日本企業を狙うのであれば、TOEIC900は必要ない。
就活で外資系企業を狙うのであれば、TOEIC900は必要。

結局、その企業が「英語ができる」印象を持つのが何点からなのかということが大事なのです。

TOEIC500点以下の人たちばかりの企業であれば、TOEIC800であろうがTOEIC900であろうが、
あなたは優秀だと思われるでしょう。

逆にTOEIC700点代がたくさんいる企業においては、
TOEIC900あったほうが印象に残ります。

前者が日本企業、後者が外資系企業として例えてみました。

と言いつつも、TOEIC900あれば就活で有利にならないことはないので
取れるなら取っておきましょう。
就職してからの社会人ライフも有利なりやすいので。

 

ただ自分がTOEIC900を取るためのコストを考えてみてください。

 

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です