TOEICで900取っても英語は話せない

どーも、むくちくんです!

今回は、TOEIC900取った僕が感じていることをご紹介しましょう。
それは、TOEICで900取っても英語は話せないということです。

周りからも聞かれます。
TOEIC900取れるレベルということは、ペラペラなんでしょ?と。

答えは、いいえです。
逆にペラペラの人はTOEIC900なんて余裕かと言うとそうでもないのです。

TOEICで900取っても英語は話せない理由

 

ではなぜTOEICで900取っても英語を話せないのか。

それはTOEICで点数を取る能力と、英語を話す能力は全く別物だからです。

日本語で考えてみてください。
ふつうに日本語を話せるのに、日本語検定のような試験で高得点を取れるわけではないですよね。

話せないけどTOEIC900取ると読める

 

TOEIC900を取れるほど勉強したとしても英語は話せないです。
しかし、読めるようにはなります。なぜならリーディングの勉強をするからです。

TOEIC900レベルになると、いやでもリーディングにおいて、読む力が必要になってきます。

そして、文章の要点を掴む力も付くでしょう。

でも、話せないです。

TOEIC900で話せないなら、どうすれば話せるようになる?

 

TOEIC900ある人でも英語は話せない。話せるとは限らない。

では、話せるようになるにはどうすればいいか。
その答えはひとつです。

話す回数を増やすんです。週一の英会話教室とかじゃダメです。
僕たちが日本語を使うくらい英語を使うんです。

その環境にいれば、最初話せないとしても、話せるようになります。

具体的には、そう、留学ですね。

まとめ TOEICで900取っても英語は話せないという事実

 

TOEICで900取っても英語は話せないという事実をまとめてみました。

正直僕もこの記事を書いていて辛くなりました。笑
自分は確かに話せないなーと。

でも日本の社会でTOEIC900持っていると、何かと楽です。

その資格という武器を持つのも悪くないです。

ただ英語を話せないという悩みは解決されないので、
話せるようになりたいという人は留学に行きましょうね。

 

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です