TOEIC800とTOEIC900の実力の差

どーも、むくちくんです!

今回は、TOEIC800とTOEIC900の実力の差について書きたいと思います。

過去にTOEIC800と900の社会での評価の差はあるのか?という記事で、
評価の差については書きました。

この記事では、実際の実力の差について書いてます。
「評価」と「実力」、ぜひ比べながら読んでみてください。

TOEICで800ある人と900ある人、果たして実力に差があるのか。

もし、あなたがTOEIC900を目指すのであれば一度読んでください。

TOEIC900を目指すモチベーションは上がるでしょう。

TOEIC800とTOEIC900の実力の差はある!

 

結論から言うと、実力の差はあります。

TOEIC800後半を持っている人は900の壁を感じたことがあるのではないでしょうか。

そう、TOEIC900を目指したことがある人なら誰しもが感じたことのあるように
900の境界には大きな大きな実力の差という名の壁があります。

TOEIC500、600レベルであれば、点数に差があっても
実力の差が大きいかと言えばそこまで大きくないです。

なぜならこちらのページにあるように、
TOEICの点数は正規分布という分布に従っているからです。

(リンク先では”従っていない”という主張ですが。)

f:id:sudillap:20130412201117p:plain

グラフが何を示すかというと、
その点数を取った人が何人いるかということです。

つまりたくさんの人が500点あたりを取るのです。

逆に900点あたりを取る人はとても少ないのです。
これが何を意味するのか。

900点あたりの人は、1問正解数が多いだけで、
点数が上がる、順位が上がるのです。

逆に1問正解数が減るだけで、点数が落ちるのです。

「1問の正解数で点数が変わるなら、TOEIC800とTOEIC900の実力の差はあまりないのでは?」
と、思ってしまいそうですが

逆にこの1問を取らないと900は取れないわけです。

800後半を取ってくる猛者たちの中でたった1問を逃せないわけです。

 

この1問を逃さない実力が必要なのです。

TOEIC800とTOEIC900の実力の差は大きい

 

実力の差があることを述べましたが、この差はとてもとても大きいです。

900を取るためには、1問を逃してはいけないと書きましたが、
この1問を取れるか取れないかの実力差は思った以上に大きい差です。

その理由は下で解説します。

TOEIC800とTOEIC900の実力の差を埋めるには?

 

・900を取るためには、1問を逃してはいけない。
・この1問を取れるか取れないかの実力差は思った以上に大きい差。

 

なぜか。

 

この1問、リスニングやリーディングの長文問題では差がつきにくいんです。

TOEIC900を取るレベルになってくると、リスニングパーフェクトや、長文問題パーフェクトはざらにいます。

ではどこで1問の差が出てくるかというと、文法・語彙力です。

いわゆるパート5ですね。
このパート5では単純に単語の意味を知っていないと解けない問題が出てきます。
なのでどれだけリスニングが出来ても、どれだけ長文をはやく読めても、
単語の意味を知らなければ1問落とすわけです。

この1問を解ける語彙力が備わっているかいないかはとても大きいわけです。
つまり、TOEIC800とTOEIC900の実力の差を埋めるには?

「語彙力を高めること」です。

まとめ – TOEIC800とTOEIC900の実力の差

 

・TOEIC800とTOEIC900の実力の差は存在し、それは大きい。

・そのポイントはたった1問を逃さず正解できるかどうか。

・そのための対策としては「語彙力を高める」こと。

 

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です