TOEIC800と900の社会での評価の差はあるのか?

どーも、むくちくんです!

今回は、TOEICにおいて800点台を持つ人と900点台を持つ人に対する評価の差をお伝えします。

 

TOEICを取ろうと考えてる人は企業に就職しようとしてるのが多いと思います。

そこで、日本企業目線と外資系企業目線で

TOEIC800の人とTOEIC900の人に対する評価の差をまとめてみました。

TOEIC800と900 日本企業での評価の差はない!

 

まずは日本企業目線での評価の差です。

日本企業の目線からすると、TOEIC800と900の差はほぼないでしょう。
現在の日本企業の世界からすると、TOEICで700点あるだけで比較的英語ができると思われます。
そこでTOEIC800となると、相当できると評価されます。

TOEIC900 となるとめちゃくちゃできると評価されますが、
800と900の差を考えると、与えられる仕事や、昇進の条件という意味でも、評価の差はほぼないでしょう。

理由はもちろんあります。
それは日本企業の世界では、英語ができる人が少ないということです。
かつ英語レベルが低いということも理由になります。

言葉を選ばずに言うと、
レベルが低い立場からすると、800と900の差なんて分からないということです。

TOEIC800と900 外資系企業での評価の差はある!

 

逆に外資系企業目線でTOEIC800と900の評価の差はあります。

日本企業目線で評価の差がない理由は、日本企業の英語レベルが低いことでした。
外資系企業は言わずもがな、日本企業よりも英語レベルが高いです。

実情をお伝えしましょう。
僕は新卒で外資系企業に入りましたが、
TOEIC800以上の新卒なんて大量にいました。
TOEIC900以上の新卒も5人に1人くらいいました。

こうなると、800と900の差が出てきます。
昇進の条件でTOEIC900というのはないですが、
周りからの評価という面で差が出てくるわけです。

TOEIC800と言ってもそこまで驚きがないわけです。

そんな中、TOEIC900と言うと、「おっ」となるわけです。

TOEIC800と900 評価の差は就職先の英語レベルによる!

 

TOEIC800とTOEIC900の評価の差、
日本企業目線ではないけど、外資系企業目線ではあると言いました。

つまり800と900の評価の差はどこから来るのかというと、
評価元つまり就職先の英語レベルによるのです。

仮に就職先のTOEIC平均が600くらいならば、
TOEIC800あればめちゃくちゃ評価され、
英語のことならこいつ!となるでしょう。

まとめ – TOEIC800と900 評価の差

 

さて、TOEIC800とTOEIC900の評価の差についてお話ししました。

おさらいですが、

・日本企業においては、TOEIC800とTOEIC900の評価の差はない。

・外資系企業においては、TOEIC800とTOEIC900の評価の差はある。

・評価の差は、就職先の英語レベルに依存する。

 

逆に言えば、外資系企業に行くなら、TOEICは頑張ったほうがいいかもしれません。

もちろん英語を話せるなら取る必要はないですけど。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です