【コンプレックス】手汗と上手く付き合い生きていく

どーも、むくちくんです!

今回は、僕のコンプレックスの1つである手汗について書いてみました。

手汗をコンプレックスに感じている人の励みになれば嬉しいです。

苦しい思いをしている人が他にもいるんだ、
そう思ってもらえれば嬉しいです。

僕の手汗は物心ついた頃から

僕が手汗について気づいたのは小学校の時です。
それ以前は覚えていません。

なので、物心ついた頃から手汗の症状はありました。

いま一番覚えていることがあります。

小学校って、毎回プリントを前の席から後ろの席へ回しますよね。
そのとき手汗をかいているので、プリントを濡らさないように注意してました。
プリントが回ってくるとき、手をさりげなく服で拭いてから、プリントを受け取っていました。

まだ真っ白なプリントならいいんです。
でもたまに再生紙のような、グレーっぽいプリント回ってくるじゃないですか。

その場合はめちゃくちゃ気を遣ってました。
ああいうタイプの紙って、濡れるとよく目立つので。

もちろん小学校だけじゃなく、高校までプリント問題とは付き合っていました。

ゲーム機や携帯はビッショビショ

 

学生の頃はよくゲームで遊んでました。64やDSやWiiなど任天堂のゲームをよくしてました。

スマブラみたいに熱くなるゲームの場合は手汗なんてマックス状態でして。

いつもコントローラーは手汗でビッショビショで、
汗の汁がコントローラーから滴り落ちるレベルです。

たぶん手汗を気にした事ない人からしたらイメージすらできないでしょうが。

でもそれだけ手汗をかいてもゲームが壊れたことはなかったですね。
さすが任天堂。笑

そして、これはもちろん今でも同じで、
携帯とかスマホもビッショビショになります。

別にどういう時に手汗をかくとかなくて、常時かいてます。

ただなんか調子良い時があって、その時は手はサラサラ。

その時は幸せです。

腕相撲は避ける

 

学生の頃ってよくクラスの友達と腕相撲やろうってなるじゃないですか。

あれ最悪なんですよね。
手汗がすごいのがバレますし、そもそも相手に嫌な思いさせちゃうじゃないですか。

だからといって腕相撲を断るのも空気乱れるし。

僕はよーしとか言いながらめちゃくちゃ服で手を拭いてやります。
でも手汗はすぐ出てくるので、長期戦になると手汗がバレるんですよね。

つらいです。

女の子と手を繋げない

 

よくあるじゃないですか、女の子との最初のデートで、
勇気を持って手を繋いでみましょう、みたいな。

無理なんですよ、手汗かいてるんで。

一度も付き合った事ないときなんて、雑誌とかネットで、
デートの極意みたいなやつを見るわけです。

でも手汗かいてる手で、いきなり触るなんてできないので
全く参考にならないんですよね。

セックスするときも一緒です。

手汗でビショビショだったら、女の子の体を触りづらいですし、

さわさわできないんですよね。

手汗を病院に相談した結果

 

手汗はこんなにも悪いことばかりなので、
さすがに耐えきれず病院に行ったことがあります。

皮膚科に行き、手汗のことを言いました。

医学用語として言うと、多汗症というものらしいです。
字のごとくですね。

で、治療についてですが、手術くらいしかないようです。
手術で汗腺を除去するらしいです。

ですが、その反動で、手以外の場所が多汗になる可能性があるとのこと。

手がおさまったとしても、その反動が顔とかに来たら嫌だなと思い、
手術は諦めました。

僕は実は手汗以外に、脇汗と足汗が多汗です。

今さら多汗の部位が変わるのも嫌だったので手術はしたくありません。

手術以外にも薬による治療があるということでした。
その薬は副交感神経をなんとかする薬らしく、
一回飲めば数時間、汗の出が弱くなる。

この病院に行った日に、試してみる?と医者に言われたので、
この薬を試してみました。

するとたしかに、数時間の間、汗の量は減りました。

でも僕の場合、手のしっとり感は残るくらいの量は汗をかいてました。

なので、薬を飲むメリットはないです。

全身にむくみを感じたり、舌の感覚に違和感を覚えるなどの副作用はありました。

 

てことで、薬でも手術でも完全には治らないです。

つらいです。

でもここで僕は諦めがつきました。
一生手汗と向き合っていくしかない。
一生多汗症と共にしていくしかない。

僕が病院に行ったのは大学生の頃だったので
そうやって覚悟できましたが、
思春期だと、そう簡単に諦めたくないですよね。

なんかあるだろう、なんか治す方法があるだろうと。

でも副作用がない治療法は今のところないようです。

つらいです。

案外仲間はいる

 

手汗がすごいと、そのことを友達とかにも言えないですし、
コンプレックスとして、抱え込みがちです。

でも僕はこの歳になって思うのは、

案外同じ悩みを抱えている人はたくさんいるということです。
社会人になってから、自分も手汗がすごいという人によく会います。

たぶん、学生まではあまり周りに手汗について言えないけど
大人になって、手汗を受け入れることができて
周りにも言えるようになったのだと思います。

なので、自分だけの悩みではないということをお伝えします。
まあ僕みたいに汗がしたたるレベルの手汗の人にはまだ会ったことないですが。笑

なので、手汗に悩んでいる人は僕より症状がひどい場合に
悩みと言うようにしてくださいね。

手がしっとりしちゃうくらいで、手汗すごいとか言ってはダメですよ。
汗がしたたるレベルじゃないなら大丈夫です。

誰も気にしません。

握手しても、腕相撲しても、相手に触れても、大丈夫です。

まとめ

 

あまり公の場でコンプレックスをさらしたことはないですが、
つらつらと書いてみました。

手汗で悩んでる人は大量にいます。仲間はいます。

ここに症状が重い人もいます。

手汗についての悩みは全て経験済みです。

安心してください、なんとか行けていけます。

つらい思いはたくさんあります。

でも、手汗と共に寄り添い生きていく

そんな覚悟を持てるようになれば悩みなんて小さくなります。

手汗で悩む人集めて手汗会でも作りますか。笑

なーんて。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です