【これなら誰でも簡単に!】家をスマートホームにしちゃおう!

どーも、むくちくんです!

今回は、超簡単にスマートホームを実現する方法をご紹介します。

これなら誰でもできます。
なぜなら、ある物を1個買うだけだからです。

プログラミングする必要はありません。

パソコンをいじる必要もありません。

スマートホーム用に家電を買い換える必要もありません。

結論から言うと、Nature Remo(ネイチャーリモ)というデバイスを買うだけで家電がスマートになるのです。

 

実際に僕はNature Remoを買って、アプリでちゃちゃっと設定して、

テレビとエアコンをスマートにしました。

スマートホームに興味がある方は、参考にしてもらえればと思います。

そもそもNature Remoってなに?

公式ホームページによると、

Nature Remo(ネイチャーリモ)は、お使いの家電をインターネットに繋げることで、手軽にスマートホームを実現するスマートリモコンです。例えば、外出先からスマートフォンでエアコンを操作したり、Google Home(グーグルホーム)やAmazon Echo(アマゾンエコー)から音声でテレビや照明を操作することができます。

つまり、僕たちがテレビやエアコンをリモコンで操作する代わりに
このNature Remoが操作してくれるというわけです。

 

なので、赤外線リモコンで操作する家電であれば

Nature Remoで操作することが可能です。

逆に赤外線リモコンで操作しない家電は、基本的にはNature Remoで操作することはできません。

具体的にNature Remoでなにができるの?

では家電をNature Remoに繋げたとして何ができるのか。

Nature Remoと家電を繋げると、Nature Remoのスマホアプリで操作できるようになります。

つまりスマホが家電のリモコンになるのです。

 

 

スマホアプリ内でテレビの電源を押すと、その情報がインターネット経由でNature Remoに送られて
Nature Remoがテレビに対して、電源を付けろという命令の赤外線を送ります。
それによりテレビの電源がつくという仕組みです。

インターネット経由ということが何を意味しているかというと
遠隔操作が可能なのです。

外出先からエアコンをつけることができるのです。
そろそろ家に帰るから暖房つけておこうっと、というのが可能なわけです。

が、それだけではありません。
それだけではスマート家電とは言えません。
それなら家に近づいたら自動で暖房をオンにしたくないですか?

そういうことができます。

スマホのGPSと連携できるのです。自分の今いる場所をGPSで特定し、
あらかじめ設定した自分の家の場所を比較してNature Remoを設定できるのです。

具体的な設定としては、
「家から半径何メートル内に自分が入れば暖房をつける」というような設定をします。

 

また、Nature Remoには温度センサー、湿度センサー、明るさセンサー、人感センサーが付いています。
なので、
・温度が何度になったら〇〇〇
・湿度が何パーセントになったら〇〇〇
・人がいなくなったら〇〇〇
・部屋が暗くなったら〇〇〇
という設定をすることができます。

どうやって家電を繋げるの?

では家電とNature Remoをどうやって繋ぐのがというと
実は繋いでいるわけではありません。

Nature Remoが家電のリモコンの代わりをしてくれるだけです。
なのでNature Remoにリモコンを覚えさせる必要があります。

リモコンを覚えさせるのはとても簡単です。
Nature Remoのスマホアプリ上で、「家電を追加」し、
リモコンの赤外線をNature Remoに当てるだけです。

 

細かいやり方は割愛しますが、
ここで言いたいのは

家電をいじるわけでもなく

なにかプログラミングをするわけでもなく

スマートホーム用の家電に買い換えることもなく

今家にある、ふつうにリモコンで操作する家電を
とても簡単にスマート化できるということです。

まとめ

スマートホームに前々から興味があったのですが、
こんな簡単にできちゃうとは思わなかったのでシェアしてみました。

 

今回はテレビとエアコンをスマート化してみましたが
他の家電もスマート化していきたいと思います。

その時はまた記事にしたいと思います。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です