クラブデビューしたい人のためのマニュアル。(服装は?時間帯は?お金は?)

どーも、edmが大好きなむくちくん(@whoismukuchikun)です!

今回は、クラブデビューしたい人のための、
クラブにいく方法をを紹介します!

この記事の目的は、
・クラブデビューしたい人の様々な疑問を解決すること
です。

一部を除いたほとんどの人がクラブデビューをすると思います。

まだクラブに行ったことないけど興味はある。
最近、洋楽とかedmを聞くようになった。
社会勉強として一回くらい行ってみたい。

きっかけは何にせよ、クラブというワードを聞いてデビューしたくなる人もいるのでは?

でもいざ行くとなると、

どこに行けばいいの?
どんな服装で行けばいいの?
なに持ってけばいいの?
何時頃行けばいいの?
お金はどれくらいかかるの?

まわりにクラブ好きの友達がいれば聞けますが、
そんな友達がいない場合は、なかなか情報がないですよね。

そこでこの記事では、クラブデビューしたい人のために
基本的な疑問に答えます。

これを読んでもらえば、クラブにどんな感じで行けばいいか
イメージを掴んでもらえると思います。

それでは、順番に1つずつ説明していきます。
※もしこの記事で疑問が解決しなかったらコメントください。

クラブってどんなところ?

 

クラブとは、edmと言われるダンスミュージックや、
ヒップホップなどの音楽が大音量で流れており、
その音楽を楽しみ、お酒を楽しみ、周りの人との交流を楽しむ所です。

いわゆるパリピのイメージや、チャラいというイメージがありますが、
それは一部の人たちで、純粋に音楽を楽しみに来ている人も多いです。

女の子は声をかけられることも多いですが、
不快であれば断ればよいですし、上手いことお酒だけ奢ってもらうという手もあります。笑

いろんな先入観がありますが、
結局は大音量で音楽が流れている非日常の空間がとてもいいです。

ストレス発散にもなるので、嫌なことがあった時に行くのもありです。

いくらくらいかかるの?

 

かかるお金としては、2種類あり、

・クラブに入るための入場料
・クラブの中でのドリンク代
です。

いくらくらいかかるかは、男女によって全く異なります。

女性の場合、
・クラブに入るための入場料: 1000円前後
・クラブの中でのドリンク代: タダ

男性の場合、
・クラブに入るための入場料: 3500円前後
・クラブの中でのドリンク代: 無限大

入場料は男女でこんなにも違います。
もちろんクラブによって差はありますが、
女性の方がお得に入れるのは変わりないです。

そして、ドリンク代についてですが、
アルコール類だけでなく、
もちろんノンアルコール類や、
ソフトドリンクも置いています。

一杯の値段は500円~1000円です。

この値段もクラブによるので、ドリンクたけぇ!となる可能性もあります。
ここまではドリンク一杯の値段のお話でしたが、

上でも書いたように、実質のドリンク代は女性がタダ、男性が無限大となり、
男女の格差はさらに広がります。笑

どういうことかというと、基本的に男性が女性に奢りがちということです。
ただ、それはあくまでも男女の中の話なので、
男性は奢りたくなければ奢らなければいいし、
女性も自分で払いたければ払えばいいです。

僕自身も、女友達と一緒に行くこともありますが、
奢りません。自分のドリンクだけ買います。
結局奢るのはナンパするときですね。

逆に女性側はうまくナンパされつつドリンクだけ奢ってもらって
奢ってもらったらバイバイとその場を離れるのもありありです。

そうすればいくらでもお酒を飲むことができますよ。

まあこれはクラブ自体に慣れてからのテクニックですがね。

どんな服装で行けばいいの?

 

基本的にはダメな服装は、サンダル、スウェットです。

女性の場合、基本なんでもいけます。
ただ、クラブなので、ある程度おしゃれで、
キラキラ系女子の服装のほうが合うかもしれません。

露出はしてもしなくてもオーケーです。
男目線からすると、露出してほしいですが。笑

こんなおしゃれにして大丈夫?というくらいキメても浮かないので大丈夫です。

男性の場合は少し注意が必要です。
最初に書いたサンダルやスウェットはダメなところが多いだけでなく、
短パンがダメな所もあります。

なので、行くクラブのホームページで、ドレスコードについて
調べることをおすすめします。

女性はドレス、男性はタキシードやスーツという
パーティーのドレスコードの名残なのか、
厳しめのところも多いです。

まあでも学生でも入れるようなところは、
Tシャツ・短パンでも入れます。

ドレスコードの目的は、その場所に適さない人を中に入れさせないことです。
それなりの服装であれば問題ないです。

僕はいつもTシャツ・ジーパンで行きます。
寒い時はそれに羽織るか、長袖の服です。

実際の服装が気になる人は、インスタなどで、
そのクラブの写真を探してみてください。
そこに映ってる人と同じレベルの服装なら問題ナッシングです。

とくに持ち物とかある?

 

いざクラブに行こうとした時に悩むのが持ち物です。

ただまずは、必ず必要な持ち物から紹介しますね。
これがないと、クラブにすら入れないので。

まずは、身分証明書です。
運転免許証でオーケーです。

運転免許証を持っていない人はマイナンバーカードなどの
写真付きの証明書を持っていきましょう。

そして、お金。
クレジットカードだけでもいけるかもしれないですが、
カードが使えない場所があるのと、
カード決済に時間がかかるという点で、
現金も持っていくことをおすすめします。

海外ならカードだけで行けるところも多いですが、
日本はまだまだ現金社会ですので。

この2つが最低限の持ち物です。
ただ女性の場合、いろいろあるので、他にも持ちたい物もあると思います。

クラブにはロッカーがあるので、荷物が多い場合も大丈夫ではあるのですが、
ロッカーも300円~500円取られるので、できるだけ身軽で行きたいものです。

女性の場合は、スマホが入るような小さいショルダーバッグを
持っている人を多く見かけますね。
女の子セットや、ちょっとした化粧、スマホくらいがあればいいのではないでしょうか。

クラブの中ではお金は人によってはいらないです。
男にうまいこと奢ってもらえばいいので。笑

男性の持ち物は少なくて済むので、
基本的にカバンは持たず、手ぶらで行きましょう。

ちなみに僕のいつもの持ち物は、
スマホ、財布、目薬、リップクリーム、ポケットティッシュ、イヤホンです。

また、これは男女問わずですが、
上着を着たままクラブの中に入ることはおすすめしません。

なぜなら暑いからです。

できるだけ薄着で行きましょう。

何時頃に行けばいいの?

 

夜遅くに行くイメージがあるクラブですが、
これも場所によって大きく異なります。

東京と名古屋でも大きく違います。

名古屋では夜が早く、23時ごろがピークの盛り上がりです。
クラブ自体が19時ごろからオープンし、
1時には閉まるところもあるので。

もちろん朝までやっているところもありますよ。

それに対して、東京はさすがです。
オープンが22時というところも多く、ピークは0時を超えてからです。
なので基本は終電は考えず、朝までコースとなります。

中には最近出来たWarp(ワープ)というクラブのように、
19時オープンのところあります。
詳しくはこっちに書いてるので見てみてください。

【レビュー】新宿にオープンしたクラブWARPに行ってきました!

 

なので、結論としては、行きたいクラブの営業時間をまず調べてください。
そして、朝までやっているクラブなら、0時前後がピークで
一番盛り上がっている時間帯となります。

そして19時オープンだとしても、早めに行かないほうがいいです。
人も少なく、DJのレベルも低いです。

1時に閉まってしまうようなクラブなのであれば、
22時~23時に行くのがいいと思います。

初めて行くならどこのクラブに行くべき?

 

と、ここまで説明されたけど、結局初めての場合どうしたらいいの?

という人のために、東京・名古屋で初めて行くならココというクラブをご紹介します。
ザ・クラブというところなので、初めてならちょうどいいかなと思います。

ただどちらかというと学生向けの所をチョイスしてます。

【東京】
・Atom(アトム)
渋谷にあるクラブです。
営業時間は22時~4時半です。
0時までに入ると入場料が安いので、23時半頃から混み始めます。
そこから営業時間終了まで盛り上がり続けます。

0時前ギリギリに行こうとすると、長蛇の列に巻き込まれるので、
少し早めに行くか、0時過ぎてから行くことをおすすめします。
基本的に終電は意識せず、朝まで楽しみましょう。

疲れたらイスがあるフロアで休憩も可能です。
終わってからは始発まで少しあるので、ラーメンを食べてから帰るというのが鉄板の流れです。

フロアは4フロアあり、それぞれ趣旨が違います。
結局はメインフロアに行くことになると思いますが。
Atomの他にも、渋谷ならVision(ビジョン)、
六本木ならA-life(エーライフ)というクラブがおすすめです。
初心者でも行きやすい、ザ・クラブです。

 

【名古屋】
・ID(アイディー) : 栄にあるクラブです。
営業時間は19時~1時です。
22時頃から混み始め、営業終了までピーク状態が続く感じです。
終わった後は絶妙に終電がなくなっているので、
別の朝までやってるクラブ、カラオケ、マン喫に行く人に別れます。

客層は学生が多く、ナンパも多く繰り広げられます。
ナンパが嫌な場合、ブサイクな格好で行くか、単純に断り続けてください。

フロアは6フロアあり、アジアで最大とも言われます。
それぞれ異なる音楽がかかっているので、好きな音楽のフロアにずっといることもできます。
IDの他にも、W(ダブリュー)、SANGO(サンゴ)、ORCA(オルカ)、
がおすすめです。

とくにSANGOは5時までやっているので、
朝までコースで行きたい人はおすすめです。

まとめ

 

クラブデビューしたい人のための記事ということで、
色んな疑問に回答してみました。

読んでみたけど、解決しなかった疑問がある!という人は
コメントしていただければ、この記事をアップデートしていく所存です。

クラブデビューする人を増やすためにも、
この記事をより分かりやすいものにしていきたいので
ご協力していただければうれしいです。

クラブはとても楽しい所なので、クラブデビューする人が
増えればいいなと思います。

 

では今日はこの辺で。

3 COMMENTS

Bienvenue

Hurrah, that’s what I was looking for, what a data! present here at this website, thanks admin of this website.

返信する
stream com

I feel this is one of the most important info for me.
And i’m happy studying your article. However should
observation on some normal issues, The web site style is ideal,
the articles is in point of fact great : D. Good activity, cheers

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です