女性管理職を増やすことは間違っている

どーも、外資系企業勤務のむくちくん(@whoismukuchikun)です!

女性管理職を増やすことは間違っている。

そんな話を書いてみたいと思います。

 

最近の日本は、
男女問わず社会で活躍し、平等に評価されるべき
という思想がありますよね。

もちろんこれには賛成です。当たり前です。
社会貢献や、会社でのパフォーマンスは性別と全く関係ありません。

そして、それと女性管理職を増やすことも全く関係ありません。

なのに、知ってますか?企業の中で管理職の男女比率を出すわけです。
それって意味ありますか?ないですよね。

「うちの会社では、管理職の半分近くが女性で、
男女問わず評価を受けて昇進していけます。」

管理職での男女比率と、性別関係なしの評価、
この2つは似て非なるもの。

なのに、なぜか女性管理職が多いと、

その会社は男女平等だみたいなイメージが付きます。

間違ってます。

 

そもそもなぜ僕がこんなにも紛糾しているかというと、
うちの会社でも女性管理職比率を上げようとしているからです。

僕の会社のある部署の話です。
その部署は一定数の女性を昇進させることがノルマのようで、
あまり実力に関係なく、女性が昇進します。

僕の同期にその部署所属の女の子がいるのですが、
その子も昇進していました。

その子は仕事で昇進するだけのパフォーマンスを出していたわけでもないのに。

なのに、昇進するんです。給料が上がります。

評価の上でではなく、その部署Dの女性昇進方針によってです。

おかしいですよね。
あくまでも男女問わず評価される、というのがあるべき姿であって、
女性管理職を増やすことが目的ではないはずです。

比較的、女性が平等に評価されていないという風潮がありましたが、ここまでくると、ただの女性びいきです。

女性管理職の数が少ないのは当たり前です。
だって今の管理職の世代は、まだ男尊女卑の評価時代ですから。
しかもそもそも男女の人口比率が男のほうが多いんですから。

ただふつうに、その人のパフォーマンスに対して評価するべきなだけです。

男女関係なく。LGBT関係なく。

女性管理職を増やすことは間違っている。

ただ性別関係なく評価するだけ。

 

以上、むくちくんの主張でした。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です