インドの駐在員の現状

どーも、3ヶ月インドで留学してたむくちくん(@whoismukuchikun)です!

今回は、インドで働く日本人駐在員の現状についてご紹介します。
日本の大企業、とくにメーカーや商社などはインドにも
会社を展開しています。

そのため日本から駐在員として派遣されてきます。
僕もインド生活時代に、多くの駐在員の方にお会いしました。

そこで知ったインド駐在員生活のリアルをご紹介します。

 

メーカーと商社のインド駐在員が多い

 

どんな会社の駐在員が多いのかと言うと、
圧倒的なのがメーカーです。

その中でもダントツなのが自動車メーカー。

トヨタ、ホンダ、スズキなど、日本を代表する自動車メーカーが多数です。

それに加えて、三菱系のメーカーや、化学系のメーカーもいます。
NTTやKDDIなどのネットワーク関連の会社の人もいましたね。

発展途上国なのでインフラ系も多いのかもしれません。

そして、もう一つ多かったと感じたのが商社です。
総合商社だけでなく、専門商社の方もいましたね。

めちゃくちゃ発展中のインドには、売るものがたくさんあるでしょうね。

インド駐在員の生活レベルは高かった

 

インドと聞いて、いい印象を受ける人は少ないのでしょうか?

発展途上国だし、汚そうで、日本の快適さはない、みたいな。

まああながち間違ってはないのですが、
それはふつうに生活するならの話。

インド駐在員の生活はなかなかのセレブ生活です。

なぜならそうしないと、駐在員なんてやりたくないですよね。
会社から海外赴任手当をもらって、給料が2倍近くになります。
それで、高い生活レベルを保証してもらって駐在員として来てます。

そんな中で、インドの物価は日本よりもめちゃくちゃ安いわけです。

お金を日本にいる時より多くもらい、出費も少なくて済む。
正直豪遊できるわけですね。

インド駐在員の居住環境はめちゃよかった

 

インドに駐在員として派遣されて、どんなところに住むのか。

めちゃくちゃいいところです。いわゆるタワーマンションです。
レジデンスパークのようにそのマンションが何棟も立っていて、
高級マンションエリアのようになってます。

間取りは寝室が二つあるレベルで、何LDKかも分からないくらい広いです。

そこに1人です。連れ込み放題です。あ、失礼しました。

しかも、なんとそれに運転手さんが付きます。
インドは車やバイク社会なので、めちゃくちゃ必要です。

運転手さんに何時に迎えに来て!と伝えておくだけで来てくれます。
なんとも贅沢です。

日本で働いていたら経験できないですよね。

インド駐在員のネットワークは強い

 

インドと言えばやっぱりまだまだマイナーな場所です。
そこに駐在してる仲間となれば、かなり深い関係になります。

僕はインド留学してるときに、あるサッカーチームに
参加させてもらってました。

それが日本人のインド駐在員の方で構成されてるチームなのです。

そこには、先ほど紹介した、メーカーや商社の方がたくさん。
異業種の人とも知り合いになれます。

中でも、自動車部品メーカー最大手のデンソーのインド支部の社長さんや、
半導体大手メーカーのルネサスのインド支部の社長さんなど、

とにかくすごい人とも関わりを持てるわけです。
インドで生活してる日本人となれば、仲間意識は自ずと芽生えます。

彼らはよくサッカー終わったあと飲み会をやってました。

そこでできたネットワークはやはり強く、
日本に帰ってきてからもフットサルで集まったりしています。

まとめ

 

インドの駐在員さんってどんな人がいて、どんな環境で生活してるのか、
案外いい生活をしていて、豪遊していて、楽しそうでした。

インド駐在になってもまあ楽しくやってけるのかなと思いましたね。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です