【本場は違う】インド留学はカレーも学べる!

どーも、むくちくんです!

今回は、インド留学のちょっと変わった楽しみをご紹介します。

インドは言うまでもなくカレーの国。
日本とは違い、たくさんのスパイスを入れ、その刺激を楽しみます。

そして、日本だと基本ライスを添えてカレーライスとして食べますが、
インドだと、ナンのように米以外もつけて食べます。そして、カレーがポピュラーすぎてカレーしか食べてないほどです。

 

そんなインドですが、ここ最近留学先としても人気が出てきてますし、
日本が完敗するほどのIT大国なので、大注目です。

そんなインドに留学するなら、ついでにカレーについても学べるんです。

インドでカレー留学 インドのカレーは日本のカレーと全然違う

 

冒頭でも書きましたが、インドのカレーと日本のカレーは全くの別物です。

日本のカレーは、カレー粉を水に溶かしますが、
インドのカレーは、油とスパイスを混ぜるだけです。

それだけでなく、具材も少し違います。
チキンカレーや豆カレー、チーズカレーなど
店で頼む時はメインの具材を選ぶイメージです。

違いはカレーの中身だけでなく、文化的にも大きな違いがあります。

インドではカレーがポピュラーすぎて、本当に毎日食べてます。
僕もインドに留学していた当初は毎日食べてました。
途中飽きましたけどね。笑

その頃インド人と一緒に住んでいたのですが、
彼らは毎日自分たちでスパイスからカレーを作っていました。

また、屋外でももちろんカレーはあります。
屋台でも売っていて、とても安く100円前後で買えちゃえます。

日本にもカレーはあるものの、インドのカレー文化とは全くの別物なんです。

インドでカレー留学 ナンよりもポピュラーなチャパティー

 

日本でもインド料理のお店はたくさんあるので、
カレーをナンで食べたことが一度はあると思います。

でも実はインドではあまりナンを食べません。

カレーには米もしくはチャパティを食べます。

このチャパティが何かと言うと、
ナンと同じように小麦系で作られたパンみたいなものなのです。
ナンとほぼ同じですが、少しもっちりさが少なめのナンという感じ。

なぜチャパティを食べるのかというと、
単純に安いからだそうです。

インド人から聞きましたが、ナンの材料よりもチャパティの材料の方が安いので、
チャパティがメジャーのようです。

僕も3ヶ月のインド留学生活の中で、一度もナンは食べませんでした。

インドでカレー留学 体に合うかはあなた次第

 

インドのカレーはふつうにおいしいです。

日本のカレーとはまた違い、スパイシーで、僕はチキンカレーが大好きでした。

 

しかし、インドのカレーには落とし穴が。
体に合うかは食べてみないとわかりません。
僕はインド留学の最初の1ヶ月は、カレーばかり食べていました。

安くて美味しいからです。

しかし、1ヶ月が経とうとしたある日、お腹に異変が。

それまで平気だったのに、お腹がゆるくなったのです。

 

1ヶ月カレーを食べていたら、胃がやられてしまったのです。

辛さと油に。
インドのカレーはスパイシーで正直辛いです。
そして、油をめちゃくちゃ使うんです。

それによって僕の胃は拒絶反応を示しました。

それ以来インドではカレーはあまり食べませんでした。

でも、日本人でカレーを食べ続けても何もないという人もいたので、
結局は体質があるようです。
食べてみてのお楽しみです。

 

衛生面でお腹壊すと思いきや、スパイスと油でお腹を壊すことになるとは。。

まとめ

 

人気上昇中のインド留学。

せっかくなのでカレーもいろいろ食べてみてください。

貴重な文化交流になることでしょう。

お腹を壊さない程度に。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です