【フリーランスに物申す】なんかサラリーマンを勘違いしてない?

どーも、サラリーマンしてるむくちくん(@whoismukuchikun)です!

まず僕の事を話すと、大学行って、大学院行って、
いま企業でサラリーマンしてます。

もちろん名前は出しませんが外資系ITコンサル会社に勤めてます。

どんな仕事をしてるかというと、業界トップの大企業をお客さんとして、
そのお客さんの会社の業務基幹システムを構築するプロジェクトにいます。

業務基幹システムとは、その会社において、
そのシステムがないとそもそも業務ができなくなるシステムです。

給与システムや、人事システムとは訳がちがいます。

そのお客さんは日本トップであり、世界中に支社があります。
しかし、現在は支社ごとに別々のシステムを使っているため、
そのシステムを統合しようというプロジェクトです。

世界中の支社の業務基幹システムを一個にするプロジェクトです。

さて、そんなプロジェクトなので、
大規模なことは言うまでもなく、数百人規模です。

と、ここまでは僕の自己紹介。

何が言いたいのか。

まあまあ、もう少し書かせてください。

そこにあるマネージャーTさんが参画してきました。
35歳男性。少しひ弱そうです。

しかし、Tさんのキャリアはすばらしく、
野村総合研究所という、コンサル・シンクタンク業界でも
トップクラスの会社で10年近くやってきて、
うちの会社に転職してきたとのこと。

さすがマネージャーだなあ、そう思いました。

Tさんにどんな仕事をしてきたか聞いてみると、
お客さんに対して、要件をヒアリングし、
見積りを提示し、契約を結び、コンサルティングを行う。

この一般的なコンサルティングを一人で回していたとのこと。

優秀な人材が集まる大企業で。

サラリーマンの僕は、
一人で見積りをして、お客さんと話をつけることが
すごいと感じていました。

さて、そんなマネージャーのTさんがうちのプロジェクトに入り、
Tさんはあるチームのリードをやってました。

しかし、数ヶ月後、
Tさんはうちのプロジェクトから姿を消していました。

なぜか。

端的に言うと、仕事ができなかったからです。

え、すごいマネージャーじゃなかったの?

もちろんすごいマネージャーですよ。

でもTさんはうちのプロジェクトで仕事ができなかった。
僕自身もTさんと、仕事上一緒にやることがありましたが、
めちゃくちゃやりづらかったです。

なんでもっと連携してくれないんだ。
なんでもっとそっちで考えてくれないんだ。

僕ですらそう感じていました。
バリバリ1人でコンサルティングを回していたマネージャーが
うちのプロジェクトでは全然仕事ができてなかった。

さて、何が言いたかったというと、

1人で仕事を回す能力と、他人と一緒に仕事をする能力は

全くの別物だということです。

サラリーマン・・・
会社に属して、他の社員と一緒に仕事をする
フリーランス・・・
協業や提携はあるものの一人で仕事をする

そんな二つの働き方はどちらかがすごいということではなく
ただの適正なわけです。

勘違いしてるフリーランスがいる

 

なぜこんな話をしているかというと、最近サラリーマンのことをバカにするフリーランスが
たくさんいるからです。

これは僕がTwitterをやっていて、すごく思うことです。
その人たちに言いたいのですが、なにか勘違いしてないですか?

自分たちの方が優れている。自分自身でお金を稼いでいるから。
遅くまで残業しているならそんな会社辞めちまいなよ。
辞めれないのに、愚痴を言うなよ。
結局会社辞めてフリーランスやってる俺すごい。

サラリーマンに対するそんな心理を感じます。

そもそもフリーランスとサラリーマン、どっちが優れているとかではなく、
ただの働き方の違いなだけですよ。

仮に優劣をつけるとしたら、フリーランスの方々は、

サラリーマンのように、たくさんの人とと一緒に働くスキルが低いと言えますよね。

現に、尖ってる人がフリーランスに多いです。

会社は必要

 

なぜフリーランスの人は、サラリーマンを下に見てるのか分かりませんが、
会社は必要であり、その社員も必要です。

なぜか。

会社レベルの大きさじゃないとできないことがあるから、です。

一番最初に僕の会社でやってることを紹介しましたが、
世界の支社のシステムを変えるなんて、フリーランスの方々はできますか?

また、あなたたちが乗ってるその車、作れますか?
エンジニアたちが知恵を結集し、設計し、部品生産会社が部品を作り、
それらを組み立て、初めて車は完成します。
工場の人たちだって夜勤で大変なわけです。

それを社畜だ社畜だと言って、バカにするのはよく分かりません。

あなたにはその働き方が合わなかった。だからフリーランスになった。
それだけです。

フリーランスが合わない人はサラリーマンをしてる。
それだけです

フリーランスという個人じゃできないことを会社がやっているのです。
逆にフリーランスにしかできないこともあります。

それでいいじゃないですか。

ただの違いなだけです。

優劣ではないです。

互いにリスペクトすべき

 

フリーランスとサラリーマンはそもそも持っているスキルが違うのです。
だからこそお互いリスペクトすべきだと僕は思います。

会社とフリーランスの個人が協業しているケースもあるのですから、

お互いのいい所があるわけです。

僕自身はサラリーマンですが、フリーランスの方々を見ていて、
すごいなあと思いつつ、このブログをやってみたりしているわけです。

まあそれぞれ向き・不向きがあるだけなのですよ。

まとめ

 

とりあえず、言いたかったのは、バカにすると誰かが傷つくので
やめておいて、リスペクトしながらやっていきましょうということです。

以上、むくちくんの主張でした。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です