中国・大連で「水ください」では飲み水は出てこない

 

どーも、中国・大連出張から帰ってきたむくちくん(@whoismukuchikun)です!

今回は、レストランなどの飲食店において
飲み水を頼みたいときの注意点を紹介します!

飲食店で、お酒も頼まず、ソフトドリンクもいらないとき
水頼みたいですよね。

基本的に中国・大連では、日本と同じように
タダで水は貰えます。

ただし、その水を注文するとき注意が必要です。

「水が欲しい」ではいけない

 

実際に、飲食店で水を頼むときどうするか。

単に「水が欲しい」ではいけません。
なぜか。

それだと、水道水が出てくる可能性があるからです。

「水が欲しい」と言われると、何のための水が欲しいのかと思われ、
飲み水ではなくとりあえず水道水を持ってこられます。

なら、まあ水道水でもいいやと思う方は要注意です。

なぜならお腹を壊すからです。
やめておいたほうがいいです。

ナスD並みのバイタリティがあるなら別ですが。笑

飲み水が欲しいなら「ミネラルウォーター」

 

飲むための水が欲しい場合は、ミネラルウォーターと注文しましょう。

もしくは飲むっていうアクションをしながら
水を注文すれば通じると思います。

まとめ

 

水道水を飲んで問題ないのは日本くらいです。

中国の水道水は控えめに言っても厳しいので
飲むことは避けたいです。
飲食店では注意してくださいね。

もし心配なら、自分でペットボトルの水を買って
持ち込んじゃいましょう。

 

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です