中国・大連のビールは味も度数も薄かった

 

どーも、中国・大連出張から帰ってきたむくちくん(@whoismukuchikun)です!

出張中、やはりご飯とともに楽しんでいたのがお酒。
中でもビールはよく飲んでいたわけです。

でもなかなか酔っ払わないなあと思い、度数を見ると、3%!?

ほろ酔いじゃん!!

そう思いました。

大連のビールは味も度数も薄かった

 

もちろん他の銘柄も飲んでみましたが、すべて3%や4%でした。
こりゃ酔っ払わないわけだ。。

お酒があまり強くない人にとっては飲みやすいかもです。

ちなみに薄いのは、度数だけでなく味も。

まあ、海外のビールの味は基本うすいからしょうがない気もします。

大連で有名なのは「雪花」

ちなみに大連でよく見かけたのが雪花という銘柄。

この雪花、たくさん種類があり、雪花〇〇といった感じで、色々な種類があります。

試してみては?

アサヒスーパードライも薄かった

 

スーパーマーケットやコンビニには日本のビールもあります。

度数が強いお酒を探しているときに、
度数が高いのはスーパードライくらいかなと度数を見たら、
なんと3%!

度数を弱く作ってあるようです!

んー、そういう文化なのかな思いました。

まとめ

 

聞いたところ、強いお酒といえば白酒(バイチュウ)であり、
もしくはビールと言われました。

あとはワインですかね。

もう少し濃いビールを飲みたいと思った大連出張でした。

 

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です