BOSEの完全ワイヤレスイヤホンの悪い所だけ書いてみる

どーも、edmが大好きなむくちくん(@whoismukuchikun)です!

完全ワイヤレスイヤホンを使い始めてだいぶ経ちました。

僕はBOSEのものを使ってます。

全く耳から取れないし、音質いいし、防水だし、アプリ連携できるし、マイク付きだし、
良い所が多いのですが、その反面悪い所もあるわけです。

今回はその悪い所を書こうと思います。

これから完全ワイヤレスイヤホンを買おうと思ってる人に
参考情報として共有できたらいいなと思います。

では早速、、

値段が高い!

 

他の製品と比べて圧倒的に高いです。3万くらいです。

5000円くらいのものもあるので、値段だけ見ると高いですね。

でもそれだけのBOSEのテクノロジーが詰まってるのかなと

思ってます。思うようにしています。

連続使用時間が短い!

 

だいたい3, 4時間でバッテリーがなくなってきます。

長距離バスとかを考えると6時間は欲しいところ。

他の製品はもっと長いのに、BOSEどした?と思う点ですね。

でかい!

 

僕はあまり気にならないのですが、

BOSEを選ばなかった人に聞いたら、本体が大きくて、
耳から飛び出してるのが嫌だとのこと。

たしかに、耳にすっぽりはまる大きさのものもありますからねー。

タッチ式じゃない!

 

これも特に気にならないのですが、タッチ式じゃないということ。

BOSEの完全ワイヤレスイヤホンは、ボタン式なので、
音量調節や、再生、ストップをボタンで行います。

他の製品であるタッチ式だと、イヤホンの面がタッチ対応していて、

その面をタッチすることで音量調節や、再生、ストップ操作ができます。

まとめ

 

BOSEの完全ワイヤレスイヤホンの悪い所を書いてみましたが、

良い所もたくさんあります。

とりあえず完全ワイヤレスイヤホンを買おうとしてる人は
これを参考に他の製品とも比べてみてください。

それぞれ一長一短があるので、あとは好みです。

では今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です